新潟店ショールーム

新潟市 冬場の寒さに負けない浴室工事

新潟市の皆さま

今回は、在来浴室(タイル張り)→ユニットバスへのリフォームをご紹介します。

寒い日も少なくなりましたが、毎年来る冬に感じることはありませんか?

浴室リフォームのご相談は現在も多くご依頼頂きますが、

リフォームのきっかけとして一番多いのは、 冬場のお風呂 が寒いです。

今回の工事を終えてお客様から頂いたお声は、

『冬のお風呂で暑いと感じるとは思わなかった』 です。

ユニットバスだけでなく浴室の御家の天井壁にも断熱リフォームをしていく工事になります。

浴室のみ部分的断熱で現在の新築同等の断熱性能になっておりますので、

追加で付けた浴室換気乾燥暖房機の暖房を使いすぎると

冬でも暑いと感じるみたいです。新潟の寒い冬のお風呂使っての感想だと思うとびっくりしますね。

 

工事前

20220320165915.jpg

工事中(解体土間打ち後)

IMG_0859.jpg

IMG_0862.jpg

工事中(断熱)

御家の天井・壁に断熱材を入れていきます。

マグイゾベールスタンダード 

壁用105㎜ 熱抵抗値2.8 天井155㎜ 熱抵抗値4.1 

のものを使用しています。

新潟市は、住宅に求める性能の基準を決めるための区分として『5地域」に区分されています。

そこから計算すると、

天井は熱抵抗値4.0以上 

壁は熱抵抗値2.4以上

必要になります。

今回は、御家全体ではなく、浴室の部分的な断熱工事のため、外壁部だけでなく

廊下・洗面所の間仕切り壁部にも断熱材を充填していきます。

そうすることで未断熱部からの熱の影響も防ぐことができて、

浴室のみの部分断熱が成立します

 

20220320165959.jpg

20220320170510.jpg

20220320170609.jpg

浴室窓は小さく断熱性能も高いもの取替してます。

窓を小さくするため外壁の復旧が必要で、無塗装シーラー品のサイディングを張り

最後に色合わせて塗装していきます。

下の写真は塗装前・コーキング打ち後です。

20220320170718.jpg

完成

20220320173107.jpg

20220320173226.jpg

最後は、新しく張ったサイディング部分を調色塗装して仕上げていきます。

20220320173746.jpg

今回は、浴室のみのリフォームのため、浴室入替の際に生じる既存入口廻りで

解体した部分に関しては、JOTO製樹脂枠・化粧枠で隠してキレイに仕上げました。

内装工事をやらない場合は、このような形で工夫できます。

20220320173831.jpg

 

新潟市の皆さまいかがでしたでしょうか?

冬に寒いと全く感じないお風呂が出来上がりました。

気になる方は、ぜひニッカホーム新潟営業所にご連絡ください。

 

今回の工事費用は、税込¥940,000-です。

 

ありがとうございました。

 


この記事を書いたスタッフ

お客様に満足し喜んでいただけるように小さな事にも気付き、より良い生活をしていただけるよう頑張ります!

ニッカホームfacebookページ